2010年06月11日

<ステロイド外用剤>アトピー性皮膚炎の薬 怖いイメージは誤解(毎日新聞)

 ◇しっかり塗り炎症消す

 ◇症状に応じ 強さ、期間調節 高い効果、指示守って

 アトピー性皮膚炎の治療に使われるステロイド外用剤。いまなお「怖い薬」とのイメージが強い。患者相談に携わるNPO法人「日本アレルギー友の会」(東京都、会員約1300人)は「上手な付き合い方を知ってほしい」と呼びかけている。

 患者からの友の会への相談で目立つのは「塗ってもよくならない」「長く使っていると効かなくなるのでは」「強めの外用剤を使っても副作用は大丈夫か」などだ。

 同会はアトピー性皮膚炎を火事にたとえて説明している。皮膚の炎症が起きたら、早くステロイド剤で消し止め、治まったら保湿剤で皮膚を湿らせ、炎症を起こしにくくする。これが基本だ。

 外用剤を使うときは炎症の強さに応じて、薬の強さや塗る期間を調節するのがコツ。2〜3日塗ってやめると炎症はぶりかえすことが多い。炎症が強いのに、弱めの外用剤を薄く塗っても効果は低い。

 外用剤を使って症状をコントロールしながら仕事を続ける同会事務局長の丸山恵理さん(49)は「塗るときは医師の指導通りにしっかりと塗ることが大事だ。長く使っていても効かなくなることはない」と自身の体験を基に話す。

 塗る分量は、人さし指の第1関節までの指先に乗る分量が目安。これが手のひら2枚分の面積にあたる。塗るときはすり込んではいけない。

 丸山さん自身は朝、晩の2回、外用剤を全身に塗っている。塗りにくい頭皮はローションをつける。指は外用剤を塗ってもとれやすいので、ステロイドを含んだテープ(処方薬)をはっている。

 外用剤の使用で「皮膚が黒くなる」とか「硬く厚くなるのでは」との相談も多い。アトピー性皮膚炎の治療で知られる江藤隆史・東京逓信病院皮膚科部長は「皮膚の炎症が長びくと、色素が沈着して黒くなることがある。これはステロイドのせいではない。むしろしっかりと塗らないと炎症が長びき、皮膚が黒くなる」と話す。

   *

 塗り方とは別に、丸山さんは「不安や疑問を気軽に聞ける相性の合う主治医をもつことも大事だ」と語る。病院に行ったら必ず医師に症状を見せ、症状に合った外用薬を処方してもらう。医師が患者の皮膚にじかにさわって症状の程度を確かめてくれるとなおよい。

 丸山さんらは、こうした患者の悩みに応える形で「患者だからわかるアトピー性皮膚炎」(小学館・1260円)をまとめた。執筆の中心となった丸山さんは「アトピー性皮膚炎は難病ではない。私のように、ステロイドを使って症状をコントロールし、普通の生活をしている人がたくさんいることをぜひ知ってほしい」と執筆の動機を語る。

 副作用の出やすい顔に炎症が生じた場合には、約10年前に登場した免疫抑制剤のプロトピック軟膏(なんこう)(成分名タクロリムス)を使う患者が多い。使い始めの最初は顔がヒリヒリするが、大半は1〜2週間でなくなる。顔の炎症が強かった丸山さんは「おかげで化粧もできるようになり、明るくなった」とメリットを語る。

 ただし、プロトピック軟膏は免疫を低下させる薬のため、適正な使用を怠るとウイルスなどが皮膚に入り、口の周囲などに水ぶくれや発疹(ほっしん)ができる単純疱疹(ほうしん)などの感染症になる恐れもある。

 日本皮膚科学会は「2歳未満の子供は使用しない」「2〜5歳の子供は1日の使用量の上限は1グラム以下」「妊婦は使用しない」「使ったら、強い紫外線は避ける」などのガイドラインをつくり、守るよう呼び掛けている。プロトピック軟膏の治療実績の多い江藤さんは「使用上の注意を守って使えばとても有用だ」と話している。

 同友の会(03・3634・0865)は火、土曜日(午前11時〜午後4時)に患者相談を受け付けている。会員も募っている。【小島正美】

【関連ニュース】
医療ナビ:ステロイド外用剤 アトピー性皮膚炎の薬。怖いイメージは誤解。
ドクター吉木のやさしいスキンケア:第3回 毛穴を目立たなくするには
掲示板:「ステロイドの正しい使い方を知ろう」ほか
紫外線:日焼けから身を守る 白内障の原因、免疫低下も/日焼け止めは十分な量を
8歳男児、カンジダ性口内炎が再発を繰り返す=皮膚科医・馬場直子

「農水相がゴルフ」報道で処分=TBS(時事通信)
郵政法案先送りなら連立離脱も=国民新・自見氏(時事通信)
宮崎県境の道路、一部封鎖を検討=口蹄疫の感染防止で―鹿児島県知事(時事通信)
【私も言いたい】テーマ「財政再建」(産経新聞)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
posted by だるめリーチ at 15:43| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

羽田―成田間20分短縮、京成が新ダイヤ(読売新聞)

 京成電鉄(東京都墨田区)は27日、羽田空港―成田空港駅間の所要時間が約20分間短縮される新ダイヤを発表した。

 新ダイヤは、新設路線の「成田空港線(愛称・成田スカイアクセス)」が開業する7月17日から実施。乗り換えが必要で2時間近くかかる経路が多かった羽田空港―成田空港駅間で直通電車を増やし、時速120キロで走る新型車両を投入することなどで、ほとんどの経路で約1時間40分で結ぶ。

 羽田と成田を結ぶ直通電車は現在の平日上下計6本から計23本に増える。

高知のKと岩手のIで「K・I援隊」互いに交流(読売新聞)
療養病床の平均在院日数、前年同月比4.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)
「あなた大丈夫?」「待ってくれよ…」 還暦の絆「夫婦富士登山」はいかが(産経新聞)
滋賀県知事選に自民県連会長出馬へ 現職含む三つどもえ戦か(産経新聞)
囲碁 本因坊戦第2局、久留米で26日から(毎日新聞)
posted by だるめリーチ at 19:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は25日午前、政府の行政刷新会議が事業仕分けで「廃止」と判定した宝くじの関連事業をめぐって原口一博総務相と協議し、「天下り問題についての問題意識は共有しているが、直ちに発行認可を止めるという話ではない」と述べ、発売中止を求める方針を撤回した。枝野氏が閣議後の記者会見で明らかにした。

 刷新会議は21日の仕分け作業で、天下り役員の高額な給料、豪華なオフィス、都道府県から受け取った収益の分配方式が複雑であることなどの問題が解決されるまでは、宝くじ発売を中止するよう原口総務相に要請すると結論づけていたが、わずか4日間で、事実上撤回した格好だ。

 一方、行政刷新会議は25日、「事業仕分け第2弾後半戦」の最終日の作業に入った。午前には、司法協会(法務省所管)が請け負う裁判記録のコピー業務などを議論。刑務所で独占的に物品販売する矯正協会(法務省)の刑務作業協力事業も審議する。

 午後には、全日本トラック協会(国土交通省)による「都道府県トラック協会からの出捐(しゆつえん)金による事業」のほか、道路の下に穴が空いていないかを調べる道路保全技術センター(国交省)の調査事業なども取り上げる。仕分けの後半日程は同日中に終了する予定だ。

【関連記事】
小宮山議員の兄ら逮捕 「宝くじ売り場の権利譲る」と詐欺容疑 
庶民の夢は?仕分け人「天下り解決まで宝くじ販売停止を」
宝くじも…庶民の「夢」仕分け
「宝くじ販売停止」ヤジと拍手わく興奮状態
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
虐待が子供に与える「傷」とは?

<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
<口蹄疫>22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)
<真夏日>東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」(産経新聞)
posted by だるめリーチ at 21:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。