2010年01月25日

「2010年本屋大賞」ノミネート作発表(産経新聞)

 全国の書店員がいちばん売りたい本を選ぶ「2010年本屋大賞」のノミネート作が22日、発表された。村上春樹さんの「1Q84」や夏川草介さんの「神様のカルテ」など10冊が選ばれた。

 対象作品は、平成20年12月1日〜21年11月30日の間に刊行された日本の小説。全国323書店の385人が投票し、上位作品がノミネートされた。4月20日に大賞が発表される。

 ノミネート作は次の通り(作品名50音順)

 村上春樹「1Q84」(新潮社)▽夏川草介「神様のカルテ」(小学館) ▽三浦しをん「神去なあなあ日常」(徳間書店)▽有川浩「植物図鑑」(角川書店)▽東野圭吾「新参者」(講談社)▽冲方丁「天地明察」(角川書店)▽小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(文芸春秋)▽藤谷治「船に乗れ!」(ジャイブ)▽川上未映子「ヘヴン」(講談社)▽吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社)

【関連記事】
松たか子、復讐鬼に挑戦…小説「告白」映画化
文庫の中から書店員が選定…広がる!ご当地本屋大賞
現場が選ぶ「大賞」人気 本屋、映画館に続きCD店も
本屋大賞 書店員が売りたい本は売れる? 業界は“お祭り効果”期待
本好きが面白がって本を売る 千葉の「酒飲み書店員の会」

<小沢幹事長>聴取応諾回答で、地検と日程調整へ(毎日新聞)
大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
弁護士に逆転有罪=証人威迫の差し戻し審−広島地裁(時事通信)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
だんじり横転事故で3人を書類送検 大阪・富田林署(産経新聞)
posted by だるめリーチ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。