2010年01月23日

【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん(産経新聞)

 目玉おやじの訃報を聞いて、“妖怪仲間”が葬儀場へ集まってきた。参列者は約130人。

 人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじ役を昭和43年の第1期シリーズから41年間担当した。ほかのキャラクターの声が世代交代しても、昨年終了した第5期まで変わらなかった。

 原作者の漫画家、水木しげるさん(87)は「大勢いる声優さんの中で、目玉おやじの声はとりわけ印象に残っている。やはり特別な存在だったね」。

 昭和7年、東京都生まれ。もともとは俳優で、劇団東芸などをへて44年、わが国初の声優専門の芸能事務所「青二プロダクション」へ創立メンバー17人の一人として参加した。

 キンキン声は地声ではないし、裏声でもない。地声はむしろ低いほうだったという。目玉おやじのほかに「天才バカボン」の本官さんもこの人だ。

 鬼太郎役を務め、「ドラゴンボール」の孫悟空役でも知られる声優、野沢雅子さんは「地声は耳にふわっと心地よく入ってくる声。だからあの声はタノさんの声域の一部を使って演じたお芝居です。でも演じ続けるうちに、目玉おやじとして生活している感じになっていました」。

 13日、心筋梗塞のため死去、享年77。

 祭壇は、白菊や紫の花で目玉の形に飾られた。焼香台のそばには、あぐらをかいた小さな目玉おやじの人形。手で触れるとあの甲高い声が聞こえてきた。

 「おい!鬼太郎」

(19日、東京都世田谷区の東京メモリードホール)

【関連記事】
「目玉おやじ」役の声優 田の中勇さん死去
寅年=ねこ娘年!? 境港の観光PRおまかせ
目玉おやじ、ねずみ男…妖怪ベスト10、しおりセットに
妖怪そっくり最優秀は“ぬらりひょん”
鳥取の「妖怪検定」 東京・調布でも実施 

<鳩山首相>緊急人材育成支援事業 11年度から恒久化表明(毎日新聞)
<カンザキハナナ>琵琶湖見渡し1万2000本(毎日新聞)
小沢幹事長の対応に理解=「捜査中話せないことはある」−鳩山首相(時事通信)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
posted by だるめリーチ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。