2010年03月10日

7億年前に地球全体が凍結か=カナダに可能性示す地層−気候変動解明に期待・米大学(時事通信)

 カナダ北西部、ユーコン準州の山岳地帯で、約7億年前(原生代後期)に地球全体が凍結する「スノーボールアース(雪玉地球)」となった可能性を示す地層が見つかった。米ハーバード大やカナダ地質調査所などの研究チームが、6日までに米科学誌サイエンスに発表した。
 スノーボールアース説は1992年に提唱され、オーストラリア南部などで証拠とみられる地層が見つかっているが、まだ少ない。原生代の約22億年前以降、数回起きたと考えられ、調査結果は気候変動の解明に役立つと期待される。
 地球全体が凍結しても、所々に生物が生き残り、厳しい環境がかえって動物の進化を促した可能性があるという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
やはり小天体衝突が原因=白亜紀末の恐竜など大絶滅
エコをアピール=ジュネーブ自動車ショー
「キツネ事故」で遺族逆転敗訴=高速道管理の過失認めず
日本ハム、CO2排出量表示商品増やす

社会福祉法人の管理などで説明―社会・援護局(医療介護CBニュース)
不正アクセス最多 昨年「フィッシング」激増 警察庁統計(産経新聞)
アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
血液型は13種類以上…犬の献血、需要高まる(読売新聞)
姫路城の備前丸を封鎖、通行規制へ 平成の大修理(産経新聞)
posted by だるめリーチ at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。